フルオロウラシルの老化肌の改善効果の発見

フルオロウラシルの効能は?
↑がん治療や美容に用いられる医薬品はこちらからご覧ください

フルオロウラシルは高い抗腫瘍効果を示し、抗がん剤として広く使用されている製剤です。DNAの合成に必要な成分であるウラシルの一種であり、胃がん、大腸がんをはじめとする消化器系のがんを中心に身体に投与することでがんへの働きかけを行っています。肝臓や卵巣、肺がんなどにも注射薬という形をとって使用され、皮膚がんには軟膏という形で使用されていますが、その中でもフルオロウラシルを使用した軟膏が老化肌に効果があることがサイエンス記事で発表されています。皮膚がんになる一歩手前の状態の皮膚にフルオロウラシルを塗布すると、がんの進行を抑え、日光を浴びて老化した肌が若返るとされています。
他の部位への癌治療のため全身投与を受けていた患者の肌の状態が良くなっていることに着目した医師により、皮膚がんへ進行する恐れのある日光角化症の局所治療にも使えるよう開発をされてきました。実験により、フルオロウラシルを使用することで、肌の色素沈着やほくろ、細かいしわや肌の変色に効果がみられると確認されました。フルオロウラシルを塗布した皮膚はいったん傷つき、それを修復しようとする過程で表皮が良い状態へ再構築されるという仕組みになっており、美容整形等で行われるレーザー治療と類似の状態が起こるとされています。
皮膚の状態を改善させるまでにかかる時間は2週間から3週間かかるとされ、美容目的の肌若返り効果を期待する方にとっては多少の時間が必要とされますが、負担が少なく費用面でも安価であることから利用したいという声も聞かれます。抗がん剤としての効用以外にこのような肌の老化への効果が発見されたことでフルオロウラシルの新たな可能性に注目が集まっています。

↓肌を綺麗にしたいなら
トレチノインでしみが綺麗に取れる!
↓美容効果と平行してバストアップを
バストアップのお薬
↓美容のお薬をお探しの方はこのサイトがお勧めです!
美肌を手に入れたい