老化肌の原因は?

老化肌の原因とはなんでしょうか?
それにはいろいろな要素が考えられていますが、主な原因として、紫外線などによる光老化、活性酸素による肌細胞の酸化、そして乾燥による老化があります。
このうちなかなか対処しにくいものが、肌細胞の老化です。
紫外線も乾燥も日頃のケアと注意で対処することができますが、肌細胞の酸化については、より高度な方法によって対処するしかありません。
例えば、フルオロウラシルを用いるのはそのうちの一つです。
フルオロウラシルとはあまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、こちらは抗癌科学治療薬の一種です。
文字通り、本来は抗癌治療に用いられる薬ですが、これが老化肌の改善にも役立てることができるといわれているのです。
その理由は、抗癌と老化肌の改善が、その対処の仕方において類似しているからです。
癌の原因の一つが酸化にありますが、老化肌の場合も、細胞が酸化することが原因の一つに挙げられています。
そこでこのフルオロウラシルが用いられるわけですが、当然薬である以上、注意点や副作用の問題もあります。
例えばフルオロウラシルの主な副作用として、発疹、色素沈着、脱毛、倦怠感、しびれなどがありますし、より症状の重い副作用としても、脱水症状、消化器症状、下痢、うっ血心不全、肝機能障害などが報告されています。
こうした副作用が起こる可能性があることを踏まえながら使用する必要があります。
もっとも、廊下肌の原因が酸化以外にあるなら、その場合はまた別の方法で対処することが好ましいといえるでしょう。
その点で、まずは廊下肌に陥った原因をはっきりさせておくことが大切です。
ただし、美容目的でフルオロウラシルを用いることができるという点は、知識として覚えておくといいでしょう。

フロニダクリームの市場調査

元々、5-FU錠などのフッ化ピリミジン系の最も基本的な抗がん剤として使用されるフルオロウラシルを主成分とするフロニダクリームは、皮膚ガンや腫瘍の治療に用いられ、シワや濃いシミアザ、ほくろなどをとる作用があるとイギリスの国営放送で報道され、以来日本国内でも人気を博しています。現在、日本国内では主に代行輸入や通信販売で市場取引されています。フッ化ピリミジン系製剤は、細胞の遺伝情報を持つDNA形成に必要なピリミジンの合成を阻害してがん細胞の分裂増殖を抑える作用があり、多方面では肌のターンオーバーを促進する働きがあるとされ注目を集めています。
フロニダクリームは、副作用の多いフルオロウラシルを主成分としているので1%含有から5%含有と各種販売されています。又、同様に肌のターンオーバーを促進する薬用成分としては、分化誘導療法による急性前骨髄球性白血病の治療に使用されているトレチノインがあります。トレチノインは、エトレチナートと類似した構造式のビタミン誘導体であり、美白や皮脂分泌の抑制作用などアンチエイジングに効果があるとされ、フロニダクリームと比較される事もあります。
フルオロウラシルは、遺伝子RNAに必要なウラシルの代わりに取り込まれる事によって、がん細胞の増殖を抑制するとされています。フルオロウラシルは、基本的に内服薬として使用される事はありませんが、稀に欧米では注射薬として使用される事もあります。フルオロウラシルは、重い副作用を引き起こす恐れがあるので定期的な血液や肝臓腎臓の検査が必要とされています。又、テガフールやギメラシル・オテラシルカリウム配合剤を併用すると重い血液障害などの副作用があるとされています。

フロニダクリーム使用時の肌の変化

皮膚に塗るだけでいいので、使いやすくわかりやすいのが特徴のフルオロウラシルを含んだクリームや軟膏ですが、使い方によっては違和感を感じる可能性もあります。
フロニダクリームには、がんの治療に使われる、高い効果をもたらすフルオロウラシルが、成分として使われています。
がんの原因となる悪性の腫瘍の合成を阻害する効果があるので、これ以上悪化させない、抑えていく効果が期待できます。
皮膚にも軟膏やクリームとして塗るだけで、同じ効果があります。
しかし、皮膚にとっては急に異物が塗られて入ってくるわけです。
過剰な反応を起こしてしまい、肌の変化として現れることもあります。
例えば、皮膚が赤くなってしまったり、色が周りの肌よりと違う感じになってしまったり、塗った部分が痛くなったりすることがあります。
これは全部一時的な症状で、急激な変化に反応しているものです。
しばらくすると収まったり、鎮静化することが多いようです。
もし、ずっと続くようなら相談することがお勧めです。
しかし、皮膚の一部分なので、全身に及ぶような変化は、めったにありません。
フルオロウラシルは長く使われてきた、実績のある薬なので、大きな問題や未知の部分はありませんので安心できます。
ただ、塗る量や回数などを指示通りすること、注意点を守ることは必須です。
また、かゆみや乾燥感が出て、ひび割れする場合もあります。
しかし、この時は薬が効いて、再生が始まっている時期です。
掻いたりいじったりせずに、ケアしていくと、全ての変化が治まってきます。
だいたい1ヶ月半くらいで、症状や肌の変化は良い方へと転換してくることが多いです。
変化は一時的、局所的なものですから、落ち着いてケアを続けましょう。