ハンドプレスによるスキンケアと顔脱毛で美肌になろう

化粧水をつける際、コットンを使用するのが一般的なスキンケア法と言われてきました。
コットンで化粧水をつける時は、パッティングを行います。
このパッティングによって、血行が良くなり美肌効果が生まれると言われているのです。

ただ肌が敏感という方は、コットンでパッティングをするスキンケアをした場合、皮膚が赤くなるなどのトラブルを起こしてしまうケースも、少なくありません。
より肌に優しいスキンケアを実践したいという場合、化粧水はハンドプレスでつけましょう。
ハンドプレスとは名前通り、手で化粧水をつけるスキンケア法です。

ハンドプレスは手の温度によって、化粧水が温められる為、有効成分が肌に浸透しやすいと考えられています。
手を使ってのスキンケアですので、軽いマッサージ効果もあり、ハンドプレスも美肌効果に優れたスキンケア法と言えます。

ただ、いくら肌に良いケアを行っても、顔の無駄毛を放置していれば、美肌効果は半減です。
産毛であっても顔に産毛がある場合、化粧水の浸透を妨げてしまうのです。
せっかくハンドプレスで丁寧にケアしても、顔の無駄毛をそのままにしていたせいで、ほとんど美肌効果を得られないかもしれません。

ですので、いつも顔の無駄毛が無い状態をキープする為、そして美肌になる為に、顔脱毛をお勧めします。
顔脱毛をする事で、ほとんど顔の無駄毛は処理されます。
ですので、より有効成分が肌へと浸透しやすくなり、スキンケアの効果が高まるのです。

また、顔脱毛を受けた事で、カミソリなどで産毛を自己処理する必要もありません。
カミソリでの除毛は、肌の乾燥や色素沈着といった、肌トラブルを引き起こす原因となります。
この事からも、顔脱毛は美肌へ近づける近道と言えるでしょう。